体験談

息子のアトピー克服の歴史

予定よりも少し早く小さく生まれてきた息子は、寒がりでおとなしくあまり泣かない子供でした。

ちょっと乳児性湿疹がひどいなと思っていましたが、生後5ヶ月の頃には顔・頭から汁が流れるほどの湿疹ができました。

病院での診断は、重症のアレルギー。特に食物アレルギーがひどく、卵・牛乳・小麦・肉・大豆は完全除去と指導されました。

せっかく完全母乳で育てていたのに、7ヶ月で断乳しました。

history01

のみ薬と、塗り薬を塗っていたら綺麗になりましたが、薬をやめると、すぐに湿疹が吹き出てきました。

薬をずっと続けるのか…と非常に不安に思っていた1歳直前、喘息の発作で入院。

その後も1年に3回くらいのペースで喘息で入院。毎晩かゆくて眠られずにぐずる子供をずっと抱っこした夜が続きました。

history02

“病気は食べ物が原因だ!!”と気がつき、東洋医学を基本にした和食で、家族も喜んで食べられるように工夫しました。

息子の体は、自分の口から入る食物でできているから…
旬のもの、ご飯、根菜類を多めに、蛋白質や油、糖類は取り過ぎないように…。
食生活を変え、漢方薬を服用し、塗り薬も漢方薬で、1年ほどたって皮膚が元気になってきました。

そこでステロイド軟膏を中止しました。このリバウンドが一番ひどかったです。その後はみるみる元気になってきました。
この頃大豆、豚肉が食べられるようになりました。

history03

現在13歳ですが、写真でもアトピーと分からないくらいに元気な皮膚になりました。

血液検査ではまだ重症ですが、皮膚症状はほとんどでていません。

風邪もインフルエンザにもかからず、とても元気です。

『食べることは生きること』です。ありがたいことに、息子は自分の身体で食事の大切さを教えてくれました。
この体験があるので、アトピーは治るということをお伝えして、綺麗な肌を取り戻していただきたいと思っています。

history04

お客様の声

結婚してなかなか赤ちゃんが授からず、病院にかかっていました。
病院に通うのも辛いし、人に漢方がいいらしいよとすすめられて、来てみました。漢方を服用始めて身体が温かくなってきた気がしました。
食べ物にも気をつけるようにして、お腹を冷やさない様にも気をつけるようにしました。いろいろやったからと思いますが、妊娠して本当に嬉しいです。
いろいろアドバイスありがとうございます。

お客様の声

長年の腰痛で、気にならない時がないくらいでした。
何をするにも腰が悪くならないかということが気になって…病院に通っていてもその場しのぎだけなので、漢方を飲んでみようと思いました。
このごろようやく効いてきたような気がします。
ずいぶん楽になりました。
以前は痛み止めをバッグにいれて持ち歩いていましたが、最近は飲むほどではありません。

福岡にある「草舗あんじゅ」にうれしいお声を頂きました

お客様から福岡の「草舗あんじゅ」にうれしいお声を頂きましたのでご紹介致します。
また、息子が生まれつきひどかったアトピーの症状や食物 (卵・牛乳・小麦・肉・大豆) アレルギー・喘息から、漢方 (漢方薬) の力を借りて克服に至るまでの歴史についても書かせて頂きましたので、福岡市や福岡市近郊にお住まいで同じくアトピー性皮膚炎やアレルギーでお悩みのお子様をお持ちの方はどうぞお付き合いください。